香水基礎知識

知っていそうで知らない、香水の基礎知識を簡単にまとめました。

4タイプに分けられる、香りの種類

香水は香りの濃度によって、種類が4タイプにわけられます。そのタイプによって、香りの特徴や持続時間などが変わってくるのです。

名称香料濃度持続時間特徴
パルファン15〜30%5時間〜12時間一番濃度が高く、香りが深く安定した香りを長く楽しめる。
オードパルファン10〜15%5時間〜6時間パルファンに蒸留水を加えて、安価にしたもの。香りはパルファンそのもの。
オードトワレ5〜10%3時間〜4時間香りがソフトで、品よく香るため、気軽に楽しむことができる。
オーデコロン3〜5%1時間〜2時間軽い香りなので、気分転換のためなどに使える。

時間によって変化する香り(トップ・ミドル・ラスト)

特殊なものを除き、何種類もの香料をブレンドしてつくられた香水は、それぞれの香料の揮発性などの違いにより、つけた瞬間から時間を追うごとに変化していきます。
通常、香水をつけてから、身にまとう香りはミドル以降が一番長くなります。そのため、その香りの好き嫌いを判断する時は、ミドル以降の香りで決めたほうがいいでしょう。

名称経過時間
トップノートつけてすぐ〜20分
ミドルノート20分〜3時間
ラストノート3時間〜12時間

テースティングのしかた

自分オリジナルの香りを探したい時は、近くのお店などに行ってテースティングして判断するのがいいでしょう。
ほとんどのお店には、お試し用のテスターが置いてあるはずです。それをムエットという『匂い紙』に吹き付けて、その香りで判断します。この時、吹き付けてからすぐに匂いをかがないほうがいいでしょう。香水が空気に触れた最初のトップノートをかいでしまうと、アルコールの揮発が強すぎて鼻がマヒしてしまうからです。
また、テースティングは1回に3〜4種類までが限界です。それ以上は嗅覚がマヒしてしまうので、微妙な香りがわからなくなってしまいます。

好感のもたれる香水のつけかた

あまりに強い香水のにおいで、不快な思いをしたことはないでしょうか?
せっかく香水をつけても、周りの人に不快な思いをさせては意味がありません。ちょっとした時にふわっとほのかに香るぐらいがスマートです。
このあたりをポイントにしながら、つける場所も考えましょう。つける場所は強い香りならウエストなど、それほど強くなければ手首や首筋などでもいいでしょう。鼻に近い場所にキツイ香りをつけると、食事時など料理の香りがわからなくなってしまいます。
そして、自分自身の香りというのは、つけ続けているとわからなくなるものなので、時々友人や知り合いに自分のにおいがきつくないか確認してみるのがいいでしょう。

香水の保存方法

香水は1年以内に使い切るのがベストといわれています。
保存場所としては、直射日光や強い光りがあたらない場所、温度・湿度が極端に高すぎないところを選びましょう。
長期で保管しなくてはいけない時などは、冷蔵庫で保管しておくのがいいでしょう。

PICK UP!

チャンスチャンス
有名人蛯原友里
熊田曜子
眞鍋かをり
ブランド名シャネル
性別レディス
◇香水Search◇
有名人で探す
男性女性
香水名で探す
ブランド名で探す
WANTED!

情報求む!有名人が使用している香水で、このサイトにない情報を知っているかたは、是非教えてください。

有名人:
香水名:
情報元:
香水に関する本

- はじめての香水 HOME -

Copyright (C) はじめての香水−first fragrance−